TOP > 体験レポート > KATSUKI & KANA

体験レポート

人生最幸の祭りチョーサー!!

4月13日 挙式 KATSUKI & KANA 様

人数:76 名

KATSUKI & KANA

KATSUKI & KANA

KATSUKI & KANA

「地元、姫路城付近で集合写真撮影がしたかった」
播磨国総社での神前挙式を決めたのは10月末。
そこから「春」…“桜”挙式に向けての準備が始まりました。
挙式は親戚だけだったので、この時期にこだわって姫路城城見台での親族集合写真を撮影しました。
桜舞い散る中での挙式は清々しく、それだけで温かく、よりアットホームな結婚式となりました。

KATSUKI & KANA

  • KATSUKI & KANA
  • KATSUKI & KANA
  • KATSUKI & KANA

春の桜の時期に挙式だったので、前撮り撮影は「秋」…“紅葉”の時期に撮影しました。
こだわりの『2シーズンメモリーズ』
ふたつの季節での記念写真が想い出に残せました。フォトウエディングでは衣裳・美容・写真・映像・装花と各専門のプロフェッショナルな方々に親密に付き添ってもらい、いろなんアイテムでの撮影も可能でした♪ DIYアイテムも頑張って手作りし、生涯記念に残る素敵なお写真を撮影出来て感激です!

  • KATSUKI & KANA
  • KATSUKI & KANA

結婚式をするにあたり、どうしても叶えたい“夢”がありました。
播州最大級の氏子数を誇る魚吹八幡神社の氏子である僕は、思い出の「乗り子」の衣裳で披露宴再入場を迎えるという一大プロジェクト!会場内のゲストの方々も「チョーサ」の掛け声と共に僕を宙に担ぎ上げてくれて、見事大成功!!「もう一度、乗り子衣裳を着たい」という願いを叶えることが出来ました。
おひらきでのサプライズイベント「紅白餅まき」はゲスト全員大盛り上がりでした。

KATSUKI & KANA

伝統的な厳かな雰囲気の中、執り行われる本殿挙式。
特に「誓いの言葉」では緊張しましたが、ピシッと身が引き締まる思いがしました。
またひとつ…家族としての思い出がここ播磨国総社で生まれたことに感謝し、『ふたつの家族がひとつとなり親戚付き合いが始まる』…総社からはじまる、ご縁に感謝です。